FXに必要な経済用語

FXでは為替相場を見て取引をすることになりますので、その相場を見極めるためのある程度の経済的な知識が必要になります。
具体的には、円安や円高と言った概念は知っておくべきでしょう。

 

円安というのは、円の価値が安くなる事を言い、円高とは円の価値が高くなる事を言います。
例えば、1ドル90円の相場が1ドル100円になると円安になったと考えられます。

 

しかし、ここで一つ疑問に思うことがあるはずです。
1ドル90円から1ドル100円になる相場では見かけ上10円利益が増えているように思えてしまいます。
なぜこの状態が円安と言えるのでしょうか。

 

これは相手通貨の国から考えるとわかりやすくなります。
相手通貨の国から考えますと、今まで1ドル90円しか貰えなかったのにこれからは1ドルで100円貰えるようになっているわけです。
つまりドルの価値が上がって10円分多く円を貰えるようになっているのです。

 

このように、FXにおける円安や円高というは相手通貨の立場で考えればわかりやすくなります。
ぜひFXもこうした考えで取り組んでください。

FXに必要な経済用語/FXとは?FXとどのように付き合うのがいいのか関連ページ

ローソク足と移動平均線
マック・ディーとは
損失を出さないように
本当は怖いFX

このページの先頭へ戻る