マック・ディーとはどのようなチャートか

FXで用いられるチャートのうち、MACD(マック・ディー)は、「Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)」の頭文字を取った略称です。
このチャートは、期間が2つ異なる2本の移動平均線を用います。動きが急な移動平均線(MACDライン)と動きが比較的緩やかな移動平均線(シグナルライン)が近付いたり遠ざかったりする動きを数値で表し、相場のトレンドや変化をより見やすくしたものです。
最近ではシグナルラインとMACDラインの間に生じる差を計算したオシレーターが合わせて表示され、MACDラインがオシレーターの0ラインの上にあれば上昇トレンド、0ラインの下にあれば下降トレンドと読み取ることができます。
また、MACDラインが0ラインより下にあるときにシグナルラインを下から上に貫いたならば買いのタイミングであり、逆に0ラインより上の水準で上から下に貫いたならば売りのタイミングと読み取れます。

マック・ディーとはどのようなチャートか/FXとは?FXとどのように付き合うのがいいのか関連ページ

FXに必要な経済用語
ローソク足と移動平均線
損失を出さないように
本当は怖いFX

このページの先頭へ戻る